量子化学分子モデリング(DFT/MM)*に基づく検証(その1) 

ヒドロキシルラジカルによるミトコンドリア脂質2分子膜の損傷・破壊とそのの検証

1.生体細胞のためミトコンドリア(mt)で発生する最初のエネルギー分子は、活性酸素と呼ばれる水和スーパーオキサイドアニオンラジカル[O2.-(H2O)2]です。それは水和3重項酸素[3O2(H2O)2]がD-グルコースによって還元されて生成します (資料1)。

2.活性酸素[O2.-(H2O)2]はエネルギー物質ATPを生産する一方、細胞内に過酸化水素[HOOH (H2O)2]を副生します(資料2)。

3.活性酸素 [O2.-(H2O)2]はHOOH を還元すると,悪玉活性酸と呼ばれるヒドロキシルラジカル[HO .(H2O)2 ] を与えます(資料3) 。 活性酸素[O2.-(H2O)2]が運動不足等で細胞内でATP生産等に消費されない場合に起こります。

4.ヒドロキシルラジカル[HO .(H2O)2]  は、mtの脂質二分子膜を破壊してmtの細胞エネルギー(物質ATP と電磁波エネルギー)の生産と消費の代謝サイクルを狂わせる結果、細胞機能を損わせ,気力,知力,健康力を害わせます(資料4)。

量子化学分子モデリング(DFT/MM)*に基づく検証(その2) 

ヨウ化物イオンのミトコンドリア脂質2分子膜に対する優れた抗酸化力の検証

1.ヨウ素オメガ3成分のヨウ化物イオンは,細胞内では水和ヨウ化ヒドロにウム[I-OH3+(H2O)]として存在します(資料5) 。

2.水和ヨウ化ヒドロにウム[I-OH3+(H2O)] は過酸化水素[HOOH (H2O)2]と会合することでその酸化力を低下させて,HOOHからの ヒドロキシルラジカル[HO .(H2O)2]の発生を停止させます。さらにまた,ヨウ化物イオン [I-OH3+(H2O)]は,[HO.(H2O)2]と会合してその酸化分解力を低下させ,mt膜の予防的抗酸化力付与に寄与します(資料6) 。

3.ヨウ化物イオン[I-OH3+]によってその反応性を失活したラジカル[I-OH3+HO .] は、もはやmt膜を破壊できないことは,DFT/MMによって検証されました(資料7)。

4.ヨウ化物イオン[I-OH3+(H2O)]は,オメガ3脂肪酸と会合することで血流に乗って細胞内mtに輸送され,mt膜に吸着することで予防的抗酸化剤となります(資料8) 。

5.ヨウ化イオン[I-OH3+] の過酸化水素[ HOOH (H2O)2]とヒドロキシルラジカル[HO .(H2O)2]それぞれとの反応熱を求め,ビタミンC、A、Eそれぞれの反応熱と比較した。ヨウ化物イオンはビタミンC、A、Eに勝る抗酸化効果を持つことが検証・予見できた(資料9) 。

*密度半関数理論(DFT)に基づく分子モデリングのことをですので、以後DFT/MMと表現します。詳しくは、websiteで、Shozo Yanagida, DFT, Mitochondriaで検索ください。

ヨウ素オメガ3

ヨウ素オメガ3E

(動物由来物質不使用)